WEB問題集

以下の科目を提供しています。該当の画像をクリックしてください。

・クラウドプラクティショナー (CLF)
・ソリューションアーキテクト(SAA)
・SysOpsアドミニストレーター(SOA)
・デベロッパー – アソシエイト(DVA)
・ソリューションアーキテクト プロフェッショナル(SAP)
・DevOps エンジニア プロフェッショナル(DOP)
・高度なネットワーキング – 専門知識(ANS)

■ファウンデーション

AWS 認定クラウドプラクティショナー(CLF)

AWS 認定クラウドプラクティショナー試験は、AWS クラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できる個人が対象です。その他の AWS 認定で扱われる特定の技術的役割からは独立しています。



■アソシエイト

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA)

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験は、AWS における分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性およびスケーラビリティの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としています。

AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト(SOA)

AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト試験は、AWS における開発、管理、運用に関する 1~2 年の経験を持つ、SysOps を担当するシステムアドミニストレーターを対象としています。


AWS 認定デベロッパー – アソシエイト(DVA)

AWS 認定デベロッパー – アソシエイト試験は、AWS ベースのアプリケーションの開発や保守における 1 年以上の実務経験がある開発担当者を対象としています。


■プロフェッショナル

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル(SAP)

AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験は、AWS におけるシステムの管理および運用に関する 2 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象としています。

AWS 認定 DevOps エンジニア ・ プロフェッショナル(DOP)

AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル試験は、AWS 環境のプロビジョニング、運用、管理において 2 年以上の経験を持つ、DevOps エンジニア担当者を対象としています。


■専門知識

AWS 認定高度なネットワーキング – 専門知識(ANS)

AWS 認定高度なネットワーキング – 専門知識は、複雑なネットワークタスクに携わる個人を対象としています。


AWS 認定セキュリティ – 専門知識(SCS)

AWS 認定セキュリティ専門知識は、最低 2 年間の AWS のワークロードの保護に関する実務経験を持つセキュリティ担当者である個人を対象としています。