返信先: 試験問題の情報交換

#2065
HIDEO@@
参加者

AWS認定はすべてPSI社からの提供になるかと思います。

わたしは田町の試験会場でソリューションアーキテクトの試験を受験しました。
sysopeを受験したときと制度ががらり変わってしまったため、共有いたします。

みんなの受験記へも記載しております。ご参考願います。

身分証明書(2枚)の照合は試験会場の受付ではなく、受験するPCに接続されたスキャナーとWEBカメラに対しておこないます。
その際、WEBカメラ越しの試験官から、すべて英語で、「カード番号が見えないから、もっと近づけろ。」とか、「もっと上に向けなさい。」など、10分くらい問答があり、ようやく試験に取り組むことができましたが、試験前から疲れました。

試験が始まってから、1問目から2問目に遷移すると思われていた[次へ]ボタンがグレーアウトしていて、パニックになりました。結局は、設問の下の[解答]ボタンを押すことで遷移しました。
受験後、模擬試験を受験した友人から聞きましたが、現在の模擬試験では当画面のインタフェースになっているようです。sysopeを受験した旧制度とは異なりました。

英語で質問するのがめんどくさいので、can you speak Japanese?ってchatしたら、わけのわからない日本語が返信されてきたので、こりゃダメだなと思い、自力で解消方法を見つけました。
これで、5分はロスしたと思います。

以上です。