みんなの合格記(SAA-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : youyou238476
【会員プラン】: ゴールドプラン
◆受験情報
【受験科目】 : 【SAA-C01】ソリューションアーキテクト アソシエイト
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2019/05/02
【スコア】  : 755 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 2 週間
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, AWSの各種サービスの説明(例:S3の場合は「https://aws.amazon.com/jp/s3/」)、AWSのユーザーガイド
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 回復性の高いアーキテクチャを設計する(34 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: パフォーマンスに優れたアーキテクチャを定義する(24 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャを規定する(26 %)
→ 再学習の必要あり

【分野 4】: コスト最適化アーキテクチャを設計する10%
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャを定義する(6 %)
→ 十分な知識を有する
◆試験の感想
とにかく試験費用が高い(15,000円)ので、確実に合格できる、という自信が持ててから受けた方が良い。日本語の場合、問題文が若干怪しいところがあるので、本番中に「?」となったとき、英文を表示してみるのも有効かもしれない。時間は、足りなくなることはおそらくないので、確実に、正解または「正解と思われる」回答を選ぶことが重要と思う。
◆受験者へのアドバイス
AWSのサイトに記載されている各サービスの説明を読み込むことが重要。
(例:S3の場合は「https://aws.amazon.com/jp/s3/」)

特に大事なタブは以下の通り
 ・概要
 ・特徴
 ・料金
 ・サービス固有のタブ(例:S3なら「ストレージクラス」タブ)

料金やパラメータの丸暗記は不要。
こちらの方が高性能とか、安いとか、相対的な関係を覚える。

また、模擬試験は絶対に受けること。(費用は掛かるが、その価値はある)
模擬試験の問題と自分の回答は、全て画面キャプチャを撮影することを忘れずに。(AWSは各問題の正否を教えてくれないため)