みんなの合格記(CLF-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : zetazeta
【会員プラン】: ベーシック
◆受験情報
【受験科目】 : 【CLF-C01】クラウドプラクティショナー
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2022/01/22
【スコア】  : 797 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 2 週間
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 業務都合, 自己啓発・技術の証明
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, Amazon Web Servicesのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書 IOSアプリの問題集(無料分)
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: クラウドの概念(28 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 分野 2: セキュリティ(24 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 分野 3: テクノロジー(36 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: 分野 4: 請求と料金(12 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
知識 0 ・業務経験 0 からスタートしました。勉強した期間は 12 日ほどで、参考書と WEB 問題集を交互に使いそれぞれ 2 周しました。
WEB 問題集の本試験モードを 3 回ほど回し、ほぼ満点の状態で試験に挑みましたが、本番のテストは確信をもって答えられるものが思ったより少なかったです。結果として 8 割弱の点数を取れましたが、試験中は正直落ちたかもとハラハラしてました。
◆受験者へのアドバイス
実際に試験を受けて浮かんだ対策法を 2 つ書いておきますので参考になったら幸いです。

・問題文、選択肢は落ち着いて読む
受験者の方々が口を揃えて「問題文の日本語が怪しい」とおっしゃっていますが、全くもってその通りでした。この問題は何のサービスについて聞いているのか?どういう答えを求めているのか?というのが中々読み取りにくいです。冷静に文を読めば見えてくることもあるため、分かりにくいと思った問題は 2~3 回繰り返して読みましょう。
また、試験時間はたっぷり余るはずなのでゆっくり見直しを行いましょう。私は 1 時間掛からずに試験を終えました。

・主要サービスは深い理解を
良く知ったつもりのサービスでもこんなサービス内容知らない・・・ってものが体感 2 割くらいありました。参考書と問題集だけの知識では出題範囲の全てはカバーしきれないという事実を体感しました。
出題範囲は膨大ですが、せめて AWS の主要なサービスだけは問題集のみの知識に留めず、公式ドキュメントや個人ブログ等でサービス内容をしっかり理解することをおすすめします。(公式ドキュメントの文章を読むのが辛くてサボった結果、試験中に不安に駆られました。) そうすれば、問題文の怪しい日本語にも太刀打ち出来る確率があがるはずです。

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。