みんなの合格記(CLF-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。

◆登録情報
【ユーザ名】 : yakushiji.kenta
【会員プラン】: ダイヤモンドプラン
◆受験情報
【受験科目】 : 【CLF-C01】クラウドプラクティショナー
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2019/12/14
【スコア】  : 887 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 1 週間
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明, 転職のため
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう
【AWS公式模擬試験】: いいえ
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: クラウドの概念(28 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 分野 2: セキュリティ(24 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 分野 3: テクノロジー(36 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: 分野 4: 請求と料金(12 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
SAP(ソリューションアーキテクト プロフェッショナル)を合格した1週間後に受験してみたが、問題なく合格できた。SAP保持者は勉強なしで合格できると考えられる。
SAP試験の様に問われるサービスの種類は多いが、SAPの様に複数サービスを組み合わせる問題はなく、サービス単体について問われる問題が多かった。
営業向けの資格なのか、SAPと比較し、コストに関するサービス(Cost Explorer、Budgets、コストと使用状況レポートなど)がいくつか問われた。
◆受験者へのアドバイス
①AWS資格を持っていない方へ:一番簡単な資格とされていますが、問われる範囲は広く、AWSの運用経験がなければ中々難しいと思います。頑張ってください。
②AWS資格をどれか持っている方へ:他のAWS資格と比較すると問題の難易度は高くありませんが、範囲は広いです。準備なしで受験すると痛い目を見るかも知れないので、本問題集でいくつか勉強しましょう。
③AWS-SAP資格を持っている方へ:勉強する必要はないと思います。気になる方は予算やコストのサービスだけ勉強すべきかも知れません。