みんなの合格記(DAS-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : lem9193
【会員プラン】: プロフェッショナル
◆受験情報
【受験科目】 : 【DAS-C01】データアナリティクス - 専門知識
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2022/02/06
【スコア】  : 842 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 2 週間
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, BlackBelt, Udemy, AWSではじめるデータレイク: クラウドによる統合型データリポジトリ構築入門
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 収集 18%
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 格納およびデータ管理 22%
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 処理 24%
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: 分析および可視化 18%
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: セキュリティ 18%
→ 十分な知識を有する
◆試験の感想
思っていたより悩む問題が多かったです。完全初見の問題も 1 割ほどありましたがそんなに難しい内容ではなかったです。
◆受験者へのアドバイス
データ分析に対する知識がなかったので「AWS ではじめるデータレイク: クラウドによる統合型データリポジトリ構築入門」を読んでから本問題集+Udemy の英語問題集をメインに学習しました。

類似問題は両問題集あわせて 2 割くらい。その他の問題も両問題集の内容を理解していれば問題ないです。Glue はチュートリアルが用意されているので理解を深めるためにも触っておいたほうが良いかもしれまんせん。EMR ・ Redshift ・ Athena がそれぞれどういったユースケースに適しているかを明確に理解しておくと良いです。

MSK に関する問題が 3 問ほど出題されましたがどれも想定していなかった内容だったので MSK のベストプラクティスに目を通しておくことをお勧めします。AppFlow の問題も 2 問出題されたのでどういったサービスかを軽く知っておいたほうが良いかもしれません。他には「Athena のパフォーマンスチューニング Top10」、「Redshift のベストプラクティス Top8」にも目を通しておくと良いでしょう。

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。