みんなの合格記(DAS-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : wade
【会員プラン】: プロフェッショナル
◆受験情報
【受験科目】 : 【DAS-C01】データアナリティクス - 専門知識
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2022/01/13
【スコア】  : 795 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 1 か月
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明, 転職のため
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, BlackBelt, Udemy,海外問題集
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 収集 18%
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 格納およびデータ管理 22%
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 処理 24%
→ 再学習の必要あり

【分野 4】: 分析および可視化 18%
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: セキュリティ 18%
→ 十分な知識を有する
◆試験の感想
MLS を 1 カ月前に取得した後に臨んだのですが、中々難しかったです。問われるのは Redshift、EMR、Glue、Athena、Quicksight、kinesis 辺りが中心となりますが、どのサービスも触ったことがなかったので、データレイクハンズオンを一通り実施しました。
MLS は機械学習についての知識が半分ほど問われましたが、DAS は一般的なデータ処理、統計的解析などの知識は問われず、AWS サービスを利用した基盤構築についてが問われます。そのため、業務で AWS を用いたデータ分析系をやっていない限り大変だと思います。上記のサービスは一般的なアプリケーションではあまり使用しないので。
◆受験者へのアドバイス
やや遠回りに感じるかもしれませんが、ハンズオンは一度やっておいたほうが良いと思います。各サービスのイメージがつかないと記憶もしづらいので。
また、今回の要件が「バッチ処理」なのか、「リアルタイムの処理」なのかは、常に意識して解くと良いと思います。それだけで多くの選択肢をなくすことができます。
当サイトの問題をしっかり理解しておけば、似たような問題は沢山出てきますので、試験本番に少し安心すると思います。

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。