みんなの合格記(DOP-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : diskssk
【会員プラン】: プロフェッショナル
◆受験情報
【受験科目】 : 【DOP-C01】DevOps エンジニア - プロフェッショナル
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2021/09/24
【スコア】  : 910 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 4 か月
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明, 転職のため
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, BlackBelt, Udemy
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
分野 1: SDLC の自動化 22%
→ 十分な知識を有する

分野 2: 構成管理および Infrastructure as Code 19%
→ 十分な知識を有する

分野 3: 監視およびロギング 15%
→ 十分な知識を有する

分野 4: ポリシーと標準の自動化 10%
→ 十分な知識を有する

分野 5: インシデントおよびイベントへの対応 18%
→ 十分な知識を有する

分野 6: 高可用性、フォールトトレランス、およびディザスタリカバリ 16%
→ 十分な知識を有する
◆試験の感想
時間いっぱいまで粘って考え抜いた。自信をもって答えられたのは半分程度で、あと半分は「たぶんこれしかないよなぁ」で選択した。最後の試験終了ボタンを押すときは「ここまで頑張って問いて、落ちたらショックだな・・・」と思いつつ、もうドキドキだった。。
◆受験者へのアドバイス
自分の場合、受験の順番は SAA、DVA、SOA、SCS、そして DOP の順で取得している(だんだん難しいのにチャレンジ)。
SAP も長文だが、DOP もそれなりに長文なので、どちらから受けてもいいと思う。

頻出は CodePipeline、CodeBuild、CodeDeploy、CodeCommit、Elastic Beanstalk、CloudWatchイベント、アラーム、サブスクリプションフィルタ系、そしてLambda。

逆に OpsWorks は全然と言っていいほど出なかった。受験日や受験する人によるのかもしれないが、ぶっちゃけ OpsWorks はやらなくてもいいんじゃないかと思うほどだった。

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。