みんなの合格記(DVA-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : handy
【会員プラン】: ベーシック
◆受験情報
【受験科目】 : 【DVA-C01】デベロッパー – アソシエイト
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2021/07/23
【スコア】  : 867 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 1 週間
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 展開(22 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: セキュリティ(26 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: AWS サービスを使用した開発(30 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: リファクタリング(10 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: モニタリングとトラブルシューティング(12 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
本サイトの Web問題集と似たような問題は 3~5 問程度出題されました。あとは似たような問題が多かったですが消去法で大体の問題は絞れるようになっていたので、フラグを付けたのは 16 問程度でした。(それ以外は正答が明確だった)
問題がデプロイ・セキュリティ・開発・リファクタリング・モニタリングとトラブルシューティングのどれにあたるのかが最初にわかっていると選択肢の消去はしやすいです。
あとはAWS試験を何回か受けた人はわかると思いますが、問題文には不要な内容が含まれていることが多いので、うまく必要なところだけを読み解いて回答できるとスピードよく進められます。
◆受験者へのアドバイス
正直 AWS の Blackbelt とか長くて読み切らないし、触ったことないサービスを全部使うのは時間的に現実的ではなかったので、ポケットスタディはかなり助かりました。
実際の設定画面のキャプチャも載っているので、これとWeb問題集があればあとはいくつか調べて学べば合格率は上がると思います。(もちろん実際にサービスを使うのが一番です)

参考までに勉強した内容を記載します。
時間の関係上全部はできなかったので、時間がある方は解く問題数を増やすなどをしたほうがより確実だと思います。

■Web問題集
DVA#1~21 まで順番に 100% になるまで実施(#22~は時間の関係でスキップ)
※具体的には以下の手順で実施
 Web問題集で間違えたところをポケットスタディで見る
 ⇒書いて無ければ Web問題集の解説 or Web検索で正答を調べる(自分で調べたほうが記憶に残る)
 ⇒もう一度最初から解く(100% になるまで)

■Web問題集(本試験モード)
試験前日に AWS認定本試験モードを 1 回実施(得点を出すまで)
2 回目は試験直前に 30 問目まで解いたのみで点数を出すところは未実施

■ポケットスタディ本
1 週テキスト部分を全部読む
問題系は Web問題集があったのでほとんどスキップ
※問題がシンプル過ぎて正直解いても意味ない + Web問題集を解いたほうが実試験に近い
後は Web問題集を解きながらリファレンスとして使うのが吉

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。