みんなの合格記(DVA-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : hoge
【会員プラン】: ベーシック
◆受験情報
【受験科目】 : 【DVA-C01】デベロッパー – アソシエイト
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2022/01/30
【スコア】  : 882 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 3 か月
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 業務都合
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, ポケットスタディ AWS認定デベロッパーアソシエイト, BlackBelt
【AWS公式模擬試験】: いいえ
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 展開(22 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: セキュリティ(26 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: AWS サービスを使用した開発(30 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: リファクタリング(10 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: モニタリングとトラブルシューティング(12 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
AWS WEB問題集で学習しよう+ポケットスタディでカバー範囲・出題傾向・難易度的なズレはほぼなかった様に思う。
(Udemy はオーバーキル気味との評判をよく見かけたため利用せず。)

試験対応の推移としては下記の通り。

試験前状態:
 業務及び業務外での AWS 実利用なし
 SAA 取得済み(その際の学習時は主に BlackBelt を利用)

試験対応順序:
 ①ポケットスタディ通読 1 回目
 ②AWS 実環境を利用してのハンズオン(下記についてそれぞれ Hello World レベル)
  API Gateway、Lambda、DyanamoDB
  CodeCommit、CodeBuild、CodePipeline
  CloudFormation
  S3
  VPC
  IAM
  CloudWatch
  EventBridge
  Cloud9
 ③ポケットスタディ通読 2 回目
 ④本サイト 学習 1 回目(全量) 正答率 78.4%程度
  誤答した箇所(や正答したが理解の怪しい箇所)について適宜下記を実施
   ・解説の確認
   ・ポケットスタディの該当箇所の確認
   ・ BlackBelt の該当箇所の確認
   ・実機での設定箇所等の確認(たまに)
 ⑤本サイト 学習 2 回目(2 問以上誤答した#のみ) 正答率 92.2%程度
 ⑥ポケットスタディ通読 3 回目
 (試験当日の試験会場近くの喫茶店にて、とても読み飛ばしながら。)

所感:
 前回の SAA 向け学習時は、AWS の実環境を一切触らずに学習を進めたため耳年増感が強かったが、今回弊社内で AWS をある程度好きに触っていい検証環境的なのが提供されていたのもあって、Hello World 程度だが実際にあれこれ触りつつ理解を深めれたのがよかった。
◆受験者へのアドバイス
本サイトの問題の出題順序について、デフォルトでは R: ランダムとなっており、小職は何となくデフォルトのまま利用したが、誤答した箇所の集中見直し等を行いたい派の人は F: フィックス(固定)にして誤答した箇所を適宜記録しながら進める等してもよいのかもしれないと思った。
また、上述の感想欄ではポケットスタディと本サイトを中心に学習した旨の記載となっているが、あくまで SAA で BlackBelt をある程度学習していることを前提とした方策であり、初めて AWS の学習をする場合はやはり BlackBelt の必要箇所は学習をした方がよいように思う。(BlackBelt は AWS 学習のベース部分の認識のため。)

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。