みんなの合格記(SAA-C02)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : k-kun
【会員プラン】: ゴールドプラン
◆受験情報
【受験科目】 : 【SAA-C02】ソリューションアーキテクト アソシエイト
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2020/10/31
【スコア】  : 746 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 2 か月
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明, AWSを使用するプロジェクトへの参画を目指した準備
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, BlackBelt, Udemy
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: レジリエントアーキテクチャの設計(30 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 高パフォーマンスアーキテクチャの設計(28 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計(24 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: コスト最適化アーキテクチャの設計(18 %)
→ 十分な知識を有する
◆試験の感想
Web 問題集の後半(120 番以降?)や Udemy の模擬試験と似たような問題が 2 割位は出題されていたと思います。全体的に特段手がつけられないと思うものはなかったものの、最後の 1 択に絞るのが難しいと感じる問題が思ってたよりも多かった気がしました。また、選択肢に出てくるキーワードも本番試験で初めて目にするようなものがあり、選択するべきか外すべきか悩んだ設問もありました。65 問終了した時点で 1 時間を経過しており、見直しはなんとか 1 周することはできましたが、2 周はできませんでした。感触からパスしているとは思うものの、アンケート終了後の画面が切り替わる数秒間はどきどきものでしたが、無事 1 回で合格することができて安堵しました。
◆受験者へのアドバイス
本年 1 月より AWS の学習を開始し、3 月に CLF を取得した際には書籍をメインにした勉強をしていました。ただ、3 月後半に SAA のバージョンが C02 に変更されたこともあり、とにかく受験までに豊富な情報が欲しいと思って色々サーチしていたところ、この Web 問題集のサイトに出会うことができました。1 問 1 答形式でその場で復習できること、解説が AWS のドキュメントを参照する形となっており、クオリティは高いと思いました。AWS の設計に対する考え方を意識しながら問題集を解くようにすれば、たとえ本番試験でどのような出題のされ方をしたとしても、合格できる力は身につくようになるかと思いました。