みんなの合格記(SAP-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : route2
【会員プラン】: プロフェッショナル
◆受験情報
【受験科目】 : 【SAP-C01】ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2021/10/01
【スコア】  : 794 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 2 週間
【受験回数】 : 2 回目
【受験目的】 : 業務都合, 自己啓発・技術の証明
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル 試験特性から導き出した演習問題と詳細解説
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 組織の複雑さに対応する設計(12.5 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 新しいソリューションの設計(31 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 移行の計画(15 %)
→ 再学習の必要あり

【分野 4】: コスト管理(12.5 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: 既存のソリューションの継続的な改善(29 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
ワクチンの副反応で微熱があり、倦怠感に苛まれながら当日を迎えました。3 時間の長丁場を闘うには明らかに悪い条件下でしたが、何とかしてみせると自己を鼓舞しつつ、試験会場までの道を歩きました。

空を見上げると太陽に向かって飛ぶ鳥が生命を謳歌していました。生命にとっての勝利の一つが自由なら、あの鳥は栄光に向かって飛んでいるのだろう。厳しい条件下ではあるが、なんだか今日はいける気がする。そんなことを思ったのでした。

今回の試験の勉強期間は2週間ですが、実際には、CLF→SAA→SAP(不合格)→DVA→SOA→SCS と、一年近くに渡って段階を重ねてきたのであり、その中で起こった数々の勝利とハプニングが静かなる自負として燃え盛っていました。

そして微熱のため、やはり集中力は落ちていましたが、試験は問題なく進みました。心のどこかでギリギリ不合格かもしれないという感覚が拭えませんでしたが、結果は合格。僕は自由の一つを手に入れたのでした。
◆受験者へのアドバイス
SAP では AWS の幅広い範囲から出題されますが、逆に言えば各分野の知識を確実に積み上げることによって合格できる可能性が上がる仕組みになっています。中には「そんなん知るかいな!」と言いたくなる難問奇問も存在しますが、数問だけなので、合否にはそんなに影響しないかもしれません。皆様のご健勝ご多幸をお祈り申し上げます。

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。