みんなの合格記(SAP-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : skskoari
【会員プラン】: ダイヤモンドプラン
◆受験情報
【受験科目】 : 【SAP-C01】ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2020/02/02
【スコア】  : 878 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 1 か月
【受験回数】 : 2 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, BlackBelt, Udemy
【AWS公式模擬試験】: いいえ
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 組織の複雑さに対応する設計(12.5 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 新しいソリューションの設計(31 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 移行の計画(15 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: コスト管理(12.5 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: 既存のソリューションの継続的な改善(29 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
一度落ちてからの合格です。
初回は Udemy の某問題集を勉強して落ちました。2回目は「AWS WEB問題集で学習しよう」を中心に勉強して合格しました。

Udemy と AWS WEB問題集で学習しようの両方やってみた結果から言うと、このサイトだけで十分だったように思います。運が良かったのかもしれませんが、似たような問題が多く出題されたからです。

本番試験でよく言われている日本語訳ですが、一部おかしい部分はあるものの、十分理解可能だと思いました。

×: インスタンスを予約する
○: リザーブドインスタンスを利用する
◆受験者へのアドバイス
SAP 受験する人は、ある程度実戦経験がある方が殆どだと思うので、ひたすら問題を解いてパターンを覚えるのが良いと思います。

合格記でよく出てくる「絶対 7 問正解するまで先に進まない」を 48 セクション繰り返す事で、ようやく慣れる事ができました。選択肢を却下した理由と、正解の選択肢を選んだ理由を述べられる程度までやれば大丈夫かなと。

後細かいところで言うならば、AWS の気持ちになって、AWS が好みそうな選択肢を選んだり、問題文からざっくりとした構成を頭の中で描いたり、問われてる事が何なのかを正確に読み取るのがコツかなと思います。

また、個人差はあるとは思いますが、対策すれば時間は余る試験だと思います。私は一時間半ほど余り、残りを見直しに使う事ができました。時間配分はあまり気にせず、所々休憩を挟みつつ、集中して一問づつ解いていけば良いです。

日本語読解力が試される試験でもあるので、長文の問題はとりあえず見直すフラグを付け、後でゆっくり読み直すのが吉です。 日本語を読めてるつもりで、大事な部分を読めてなかったりするものなので。