みんなの合格記(SAP-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : yamadas
【会員プラン】: ダイヤモンドプラン
◆受験情報
【受験科目】 : 【SAP-C01】ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2021/01/12
【スコア】  : 829 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 1 か月
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 業務都合, 自己啓発・技術の証明, 転職のため
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, AWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル 試験特性から導き出した演習問題と詳細解説, BlackBelt, Udemy
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: 組織の複雑さに対応する設計(12.5 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 新しいソリューションの設計(31 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 移行の計画(15 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: コスト管理(12.5 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: 既存のソリューションの継続的な改善(29 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
難易度が高く、最初の 2,3 問を解いた段階で、落ちたな…と思いました。
ただ落ちるだけというのも癪だったので、次回の受験を考え、冷静に問題を解析する意識を持ち、問題文の要件を整理しながら取り組みました。振り返ってみると、これが結果に結びついたのかなと思っています。
試験後半に進むにつれ、本問題集で学習した内容とリンクするような問題が複数出題されました。全体的に、6 割くらいといった所感です。
◆受験者へのアドバイス
SAP は問題文の長さ、出題範囲の広さから、AWS 認定資格において最難関という声が聞こえますが、ある程度、要件からソシューションをパターン分けしながら学んでいくと、出題傾向や問題の意図が掴めるかと思います。(最も重要な要素が、コストなのか、可用性なのか、パフォーマンスなのか等)
また、アソシエイト資格を取得してからの受験を推奨いたします。学習の過程における理解度に差が付くかと思います。
あと、今回初めて利用しましたが、自宅受験がおすすめです。私はテストセンターより落ち着いて問題を解き進めることができました。

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。