みんなの合格記(SCS-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。


◆登録情報
【ユーザ名】 : diskssk
【会員プラン】: プロフェッショナル
◆受験情報
【受験科目】 : 【SCS-C01】セキュリティ - 専門知識
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2021/08/25
【スコア】  : 921 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 2 か月
【受験回数】 : 1 回目
【受験目的】 : 自己啓発・技術の証明, 転職のため
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, BlackBelt, Udemy, 書籍「AWS認定セキュリティ・専門知識」
【AWS公式模擬試験】: いいえ
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: インシデント対応 12%
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 分野 2: ログと監視 20%
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: インフラストラクチャのセキュリティ 26%
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: ID およびアクセス管理 20%
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: データ保護 22%
→ 十分な知識を有する
◆試験の感想
最初に DOP を受けようと勉強していたが、専門知識のほうが覚えやすかったので、セキュリティを先に受験した。本問題集も一通りこなし、あとは Exam Readiness Security や書籍、BlackBelt を見て勉強もしていたが、今回のセキュリティ試験で言えば、Udemyの英語の問題集に似た問題が割と試験に出た。
実際の試験では、わかる問題は先に解いてしまい、あとからじっくり時間をかけて、長文の問題や初見の問題を解いた。悩んだ問題もあったが、よく問題を読んで回答を読めば、「これしかないよな」という解にたどり着けた。
◆受験者へのアドバイス
単純な試験対策として考えるならば、本問題集のほかにUdemyの英語の問題集をやっておくと、割と回答できるかもしれない。ただし本問題集とUdemyで同じ問題がある場合があり、それぞれで答えが違ったりするので、そこは自分で何が正解かをしっかり調べて理解することが大事。

ただ、上記では所詮ペーパードライバー。きちんとサービスを理解し、実機を触って検証するなり、書籍や BlackBelt も見て理解することを当然ながらお勧めする。

error: コンテンツの複製・転用は禁止されております。