みんなの合格記(SOA-C01)

合格者の体験記について、試験対策の情報として是非ご活用ください。

◆登録情報
【ユーザ名】 : chiffon
【会員プラン】: ダイヤモンドプラン
◆受験情報
【受験科目】 : 【SOA-C01】システムオペレーション (SysOps) アドミニストレーター – アソシエイト
【受験言語】 : 日本語
【受験日】  : 2020/01/25
【スコア】  : 918 点
【合否】   : 合格
【学習期間】 : 4 か月
【受験回数】 : 2 回目
【受験目的】 : 業務都合, 自己啓発・技術の証明
【テキスト】 : AWS WEB問題集で学習しよう, 徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書, Whizlabs
【AWS公式模擬試験】: はい
◆セッション毎の正解率
【分野 1】: モニタリングとレポート(22 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 2】: 高可用性(8 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 3】: 展開とプロビジョニング(14 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 4】: ストレージおよびデータの管理(12 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 5】: セキュリティとコンプライアンス(18 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 6】: ネットワーク(14 %)
→ 十分な知識を有する

【分野 7】: 自動化と最適化(12 %)
→ 十分な知識を有する

◆試験の感想
SAAを持っていたが、SysOpsの問題は何かを実現するソリューションはどうすればいいかを尋ねるような深めの設問が多く、教科書の暗記だけでは難しかった。また、WEB問題で学習しようの前半部分は古めの問題が多く、新しい方の問題から3~4割似たような問題が出ている印象。
◆受験者へのアドバイス
BlackbeltでS3/CloudFormationあたりの一通りの機能を学習してから、問題集の新しい方から正答率90%を超えるまでひたすら繰り返す。もちろんなぜそうなるのかを回答の説明と見比べながら行うといいと思います。初回、問題の暗記だけで挑んだら695点で不合格でした。IAMポリシーやバケットポリシーなどは実際の記述内容から読み取る問題があるので、実際に触ってみるのが一番良い。